MUNIEQ Tetra Drip 01S

現在愛用している珈琲ドリッパー、MUNIEQのTetra Drip 01Sです。

アウトドア用の携帯ドリッパーというとスプリング状になっているものもありますが、お店で物色していたらこのTetra Dripが目に留まり、シンプルさに惹かれて購入しました。

この軽さ、仕舞った時の薄さにも関わらず、組むとカッチリとして剛性感があるのが良いです。

組む時はこんなかんじにたわませてはめこみます。最初どうやってはめるのかちょっと戸惑った^^;..

このTetraDrip、三角錐のカタチをしてるのでそのままだとペーパーフィルターが微妙にはめづらい。皆さんいろいろ工夫してるようですが、私の場合はこんなかんじでやってます。

縫い目のある側を、上は縫い目の内側、下は底辺のなんとなく1/4くらいのところで折ります。

折ったところが平らになるようにします。いったん反対向きに折ってやるとちょうどよくなります。

そしたら折ってない尖った方をTetra Dripの角に合わせ、折って平らにした方が辺の真ん中に来るようにすると、いい塩梅に。

このTetra Drip、1杯淹れるのに丁度よいサイズ。気に入ってます。

ちなみに、上のように折ったフィルターはTetra Dripの袋にちょうど入ります。

お店にこのステンレス製1.5杯分用の1種類が置いてあったのを「これだっ!」と買ったのですが、実はいろいろ種類があって、サイズが1.5杯用と3.5杯用の2種類、材質が樹脂、ステンレス、チタンの3種類あるのを後で知りました。

http://www.munieq.com/ ←公式サイト

サイズについては自分は1.5杯用のでジャストぴったしです。もっぱらぼっち…もといソロで行動しますし、先日4人キャンプした時でも使いましたが、小さなミルで一人分の豆をゴリゴリ挽き、このTetra Dripで自分の分だけの珈琲を淹れるというのがこう、アウトドアしてるぞー!って気分が高まるので、みんな楽しんで自分の分の珈琲を淹れてました。なので一度にたくさん作りたいってなったら3.5杯用は買わず1.5杯用のを買い足すと思います。買い足す時は消耗品と割り切ってお安い樹脂の方を買うかな?^^;..